工場診断、工場監査|生産管理のポイントを5Sチェックシート、品質チェックリストの項目に基づきコンサルタントが外部監査し、経営改善提案書を提示

工場診断

正しいモノづくりのあり方を知る

製造業現場改善

下記のチェック項目に当てはまる場合は、当事務所へ外部監査をお申込みください。

  • 生産管理のどこに改善すべきか改善の方向性を知りたい
  • 第3者の視点から自社工場の強み・弱みがどこにあるかを把握したい
  • 取引先の工場監査があるので、事前にチェックシートに基づき自主診断したい
  • 完成品在庫や仕掛在庫が多くキャッシュフローを圧迫している
  • 納期遅れや品質トラブルが多く、このままではお客様との取引継続が難しい
  • 5S活動が進まず、材料や部品の在庫が膨らみ、7つのムダが多い

御社の工場は、10年、20年先を見据えた長期的な展望が見えていますか。また、業界のどの位置にあり、何を改善すれば勝ち組になれるか把握できていますか?工場革新のためには社長の正しい経営判断が不可欠です。当事務所では、生産現場の生産現場の革新、現場力の強化を目的として、工場診断を実施しております。海外の工場に対する競争力の強化や工場革新の方向付けのためにも、工場診断を受診されることをご提案いたします。

モノづくりの現場改善は誰の役割か?

社長自らが工場内部に入り込みコストダウンや業務の効率化に目を向けている会社は、総じて業績が悪いものです。社長が目を向けるべきはお客様であり、生産工程の改善は現場の人材が主体的に実施しなければなりません。お客様対応は社長、工場の生産性向上は現場監督者が主役となるのが大原則です。

生産工程の改善を担う工場管理者は、工場の収益化に目を向けなければなりません。工場の収益化のポイントは、改善の着眼点の違いです。見方を少しだけ変えてみるだけで、新しい改善のきっかけや展望が開けてきます。第三者であるコンサルタントの役割は、当事者には見え難くなっている問題を客観的に把握し、改善の着眼点を提示することです。当事務所では、現場で働く人の考える力を養うことを目的にプロジェクト形式で工場診断を実施します。

【1】 実施日・時間

実施日:貴社と打合せの上、決定。
所要時間:約6時間

【2】 診断内容・方法

下記の項目について、工場診断を行い、採点することにより改善点を明らかにします。工場診断の結果は図示したわかりやすい経営改善計画書でご提出します。

工場診断

1)生産戦略(製品・技術・人材・設備)
2)5S (整理・整頓・清掃・清潔・躾)
3)工場レイアウト(設備レイアウトとライン編成)
4)作業の効率性 (作業のムダとり・標準化)
5)モノの流し方 (工程管理、物流管理)
6)品質管理 (品質基準・工程品質)
7)人材育成制度 (多能工化、OJT)

【3】 診断料金

7~10万円/日 
お電話やメールにて診断希望事項をお伺いのうえ、見積書を提示させていただきます。

お問い合せ

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional